男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

アミノ酸は美肌、美髪に加えダイエット効果も期待でき美容をトータルでバックアップしてくれる!

はい!
みなさま、こんにちは。

今回は“アミノ酸”について書いていきたいと思います。

アミノ酸って聞いたことはあるけど、実際何なのそれ?って方も多いのではないでしょうか。

実はこのアミノ酸なるものは美肌はもちろん、美髪や美容全体に効果があるのです。

ということで、アミノ酸のその美容効果等、どうぞご覧ください。

アミノ酸とは

アミノ酸とは生命のおおもととなる栄養成分で、様々な機能を持った成分でもあります。

タンパク質を分解したもののうち、最小単位にしたものがこのアミノ酸です。

ヒトの身体に含まれているだけでなく自然界には500種類を超えるアミノ酸が存在しており、あらゆる生命体に使われている物質でもあります。

これだけ重要な成分であるアミノ酸はヒトの体の中に2割(タンパク質として)含まれており、この量は水分の次に多い物質として存在しているのです。

そんなアミノ酸ですが、ヒトの身体には500種類あるアミノ酸のうち20種類しか使われていません。

それらは、様々な機能を持つアミノ酸で、更にトリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシンが必須アミノ酸として外部から摂取する必要のあるアミノ酸として存在しているのです。

このアミノ酸の歴史は古く、19世紀にアスパラガスの芽からアミノ酸を発見したことから始まります。
以後、たんぱく質を構成するすべてのアミノ酸が発見され、重要な成分であることが知られるようになったのです。

また、生命の源はアミノ酸であることも判明し、現在説として挙げられている生物の発生に関する数々の説、地球外起源説、原始大気起源説、原始海洋起源説と言ったものの全てで言える事実として認められています。

また、化石や隕石などの物質にも発見されているほか、酵素もアミノ酸が含まれているなど、非常に多くのものに含まれていることも判明しました。

また、様々な用途に利用できる有用な物質であることから、アミノ酸は栄養としての食品だけでなく食品加工、医薬品原料、化学品原料、肥料などにも原料として利用されています。

このように生活を営む上で、様々なシーンにおいて重要な存在なのがアミノ酸なのです。

アミノ酸の美容効果

アミノ酸の美容効果も認められています。
「筋力アップ」、「持久力アップ」、「疲労回復力アップ」、「免疫力アップ」といったものの他、美容効果も注目されているのです。

最初の美容効果として、NMFを作るための補給が挙げられます。

NMFという皮膚に元来備わっている保湿成分はアミノ酸が使用されており、これはアミノ酸類、ピロリドンカルボン酸(およびその塩)、尿素、ミネラル塩類、有機酸(およびその塩)などによって構成されたヒトに備わった肌のバリアです。

このNMFの量が減少すると、角層保湿機能が低下し、乾燥肌になりやすくなります。それを、このNMFの原料であるアミノ酸を補給することで肌の潤いが増し、乾燥肌を改善する効果が期待できるのです。

また、アミノ酸の補給によって、ターンオーバー(お肌の新陳代謝)を正常にする働きもあり、肌のツヤやハリを高める効果も挙げられます。

これ以外にもアミノ酸を補給することで枝毛や切れ毛の予防にも白髪や薄毛の予防にもなり、美髪を期待することもできるのです。

これ以外にアミノ酸は基礎代謝量を上げる作用もあるため、摂取した脂肪が消費されやすくなり、身体に脂肪がつきにくくなるという効果すら期待できます。

このようにアミノ酸は美肌、美髪、そして美しい身体と言った美容効果が期待でき、アミノ酸摂取は美容全般に必須と言えます。

アミノ酸の摂取方法

アミノ酸の摂取方法は食品やサプリ、スキンケア用品と言った方法があります。

食品に関しては、バランスよく摂取するのがアミノ酸摂取のコツです。
もともと、たんぱく質が含まれる食材は、それぞれ違うバランスのアミノ酸の種類によって構成されています。

そして、食品の種類によってアミノ酸のバランスが異なるので、卵、乳製品、魚、豆・豆製品、肉などを偏って摂取するのではなく、種類もできるだけ多くのものを幅広く摂ることで身体によい影響を与えます。

このアミノ酸の偏りとして米と大豆のバランスが挙げられるのですが、米のたんぱく質はリジンという必須アミノ酸が少なくメチオニンが多いという特徴があり、大豆にはリジンが多くメチオニンというアミノ酸が少ないという真逆の構成が特徴です。

なので、米と大豆、この2つの食品を摂ることでバランスよくアミノ酸が摂取出来ます。

サプリは、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)、グルタミン、クレアチン、HMB(ロイシンから体内で合成される成分)が有名です。

ただ、こちらはスキンケアに役立つとされるアスパラギン、チロシン、セリンなどのアミノ酸がないサプリもあるため、内容を確認して摂取する必要があります。

アミノ酸は、肌に潤いを与える保湿成分として化粧水などのスキンケア用品にも含まれ、これらの用品を使って取り入れるという手もあります。

これらは美容を意識したアミノ酸の配合となっており、構成は美容効果を期待するのに理想的です。
ただ、皮膚表面から浸透する量には限りがあるため、構成は良くとも絶対量が足りない場合も少なくありません。
そのため、そういった足りない量をサプリや食事で補うのがおすすめです。

最後に

いかがだったでしょうか、アミノ酸。

聞いたことはあったけど、思ってたよりすごい奴だったんだなといった印象を僕は受けました。笑
お肌の多くのトラブルの原因は、乾燥とターンオーバーの乱れによるものです。そのどちらにも効果が期待できるのは嬉しいポイントですね。

気になった方はぜひアミノ酸の摂取を試してみてください。

それでは今回はこのあたりで。
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-美肌になる為の栄養素, 美髪になる方法

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.