男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

馬の油と書いて馬油(バーユ)保湿に血行促進にと美肌効果期待大な美容アイテム

はい、こんにちは!
みなさまは馬油(バーユ)ってご存知でしょうか?


まぁ存在は知ってはいたのですが、そこまで気にしていなかったのですが、
これがなかなか美肌効果があり肌をきれいにしてくれるみたいなのです。


なので今回はその馬油について書いていきたいと思います。
それでは、どーぞ!

馬油(バーユ)とは

人気美容家のIKKOさんが馬油を愛用していたり、ハンドクリームなどでも「馬油配合」といった文字を見かけたりしますが、馬油については知っているようで意外と知らなかったりします。


馬油とは、読んで字のごとく馬のたてがみや腹の脂肪から採られた動物性油です。
中国では古くから皮膚のひび割れや炎症を抑えるなど皮膚治療の民間薬として活用されてきました。

ポイント

馬の油は動物性油の中でも人間の皮膚とのなじみが良く効果を実感できます。

馬油は古くから愛用されてきた、歴史ある美容コンテンツなんです。

馬油の美肌効果

馬油は主に5つの不飽和脂肪酸などで構成されています。

①オレイン酸

植物性油や動物性脂肪のほとんどに含まれている成分です。当然、私たち人間の皮脂にも含まれている成分。
人の皮脂に近いので肌になじみが良く、保湿効果も高いです。

②パルミチン酸

こちらも多くの植物性油、動物性脂肪に含まれている成分の一つです。保湿力が高くシワの予防、抗酸化作用などにも効果的。

③パルミトレイン酸

マカダミアナッツにも多く含まれる成分の一つ。
人の肌は加齢とともに脂肪酸が減少していきますが、パルミトレイン酸はその減少していく脂肪酸にとても類似しているので、補給してあげるとお肌にハリとツヤをもたらし、アンチエイジングに効果的な成分といわれています。

④リノール酸

体内で構成することのできない脂肪酸の一つです。肌の保湿、抗炎症効果、アンチエイジング効果が期待できます。

⑤リノレン酸

血行促進効果が期待できます。例えば目の下にできたクマに塗り込みながらマッサージしてあげると改善が見込まれます。高い保湿力も魅力的です。

馬油の抗炎症効果について

医学が発達していなかった400年前の中国では、切り傷に馬の生肉を湿布のように貼り付けて治療していたという事実があるそうです。


切り傷の炎症を馬肉が抑えてくれる効果があるためです。


馬油にも同じように炎症を抑えて熱を取り除く作用がありますので、日焼けあとのヒリヒリした肌には炎症を抑え、保湿効果とお肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。


皮脂に近い成分なので、脂肪酸がお肌の表面の膜となってバリア機能を高めてくれたり、お肌の内側にある水分を逃さず、お肌本来の保湿力を高めてくれます。

馬油の使い方

実にさまざまな効果が期待できる馬油ですが、実際使ったことがないと使い方のイメージが思い付かなかったりしますよね。


ほぼ香りもなく、どんなスキンケアにも使いやすいのが馬油の良いところです。


洗顔後に小豆粒大を手に取りお顔全体にのばしてあげるとお顔の保湿ができますし、馬油を多めに取ってお顔全体に塗る「馬油パック」も手軽でおすすめです。


体の乾燥しやすいヒジやかかとなどに少量を擦り込んで使用したり、寝る前にハンドクリーム代わりに塗るのも手軽でおすすめです。


あとは乾燥肌で頭皮のかゆみやフケが気になる方には、馬油入りシャンプーがおすすめです。
頭皮の乾燥を防ぎ、バリア機能を高めてくれるのでフケが出にくくなる効果が期待できますし、血行が良くなることで元気なコシのある髪の毛がはえてくることが期待できます。


程度にもよりますが、アトピー性皮膚炎の方も患部に塗ってあげると馬油で症状軽減につながるそうです。

ただ、皮膚炎の方は患部がとても敏感になっていてバリア機能が低下している状態で、何がどのように刺激になって悪化するかは分かりません。

例えば、馬油を素手でつけていて容器内で繁殖した菌が刺激になることも考えられます。使用していて皮膚に痛みやかゆみが伴う方は使用をお休みした方がいいかもしれません。

マグ
僕の知り合いはアトピーだったのですが、馬油を塗ってアトピーが治ったと言ってました!


馬油は美肌へのスキンケアだけでなく、革製品のお手入れにも効果的。革靴を磨く時に少量つけてあげると保湿にもなり大切な革製品を長く使うことができます。

馬油の使用をやめた方がいい人

ここまで万能オイルとしての馬油を紹介してきましたが、馬油をおすすめできない場合もあります。


上の項目にも少しご紹介しましたが、お肌が炎症を起こしていてデリケートな状態の時に馬油を塗ると、場合によっては症状を悪化させてしまう場合があります。
ご自身のお肌の様子をみてから使用することをおすすめします。

まとめ

やはり馬油の一番の特長は人の皮脂に近い成分でできているということです。
そして、血行促進や保湿に非常に効果的な美容アイテムです。


お顔の保湿だけでなく、ヒジやかかとなど油分の少ない所に少量を擦り込んであげると乾燥を防いでくれますし、ハンドクリーム代わりに手に少量を擦り込んで就寝すると翌朝しっとりした柔らかい手になります。


ネットで見ているとスキンケア用品は馬油のみって人もいるみたいです。
それだけ万能ってことですね。


美肌を目指して色々スキンケアしているけど、どれもあまり効果がないなと思っている方、馬油を試してみるのはいかがでしょうか。


それでは、今回はこのあたりで。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-美肌になる為のスキンケア方法

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.