男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

サプリで摂るならコレ!肌のターンオーバーを正常化し美肌の土台を作る。さらには頭皮や髪にも美容効果アリ!

さてさて今回は美容効果抜群のとある栄養素を紹介したいと思います。

その名も、”ビオチン” です。

みなさまはビオチンって知っているでしょうか?聞いたことあるでしょうか?

僕は何か聞いたことはあるなといった感じです。
ま、知らないと一緒ですね 笑

今回はこのビオチンの美肌効果や美髪効果、そして摂取方法や摂取にあたり副作用はあるのか等を説明していきたいと思います。

それでは、どうぞご覧ください。

ビオチンとは

ビオチンとは天然のビタミンの1種で、ビタミンB類に属します。
別名ビタミンHとも呼ばれていたこともありますが、現在は世界で共通してビオチンと呼ばれています。

ビオチンの性質は水やアルコールに溶けやすい水溶性で、熱や光、酸性には強い構造なので加工しやすい特性があります。

そして、酵母の繁殖や皮膚の炎症を抑える働きが確認されています。天然由来なので人に対しても安全性が高いのも魅力です。

ビオチンの美肌効果

ビオチンには皮膚の炎症を抑える働きがありますから、肌トラブルを整えて美肌にするのに一役買ってくれます。

ビオチンはたんぱく質の代謝には必須の成分です。
皮膚の主成分はたんぱく質ですが、このたんぱく質がそのままの形で存在していても肌を健康に保つために働くことはできません。

そこでビオチンのような、たんぱく質を実際に肌に使われる姿に変えてくれる存在が肌質を左右してくるのです。

つまりビオチンは美肌を作るために肌の生まれ変わりのサイクルである、肌のターンオーバーを活発にしたり、健康的な肌を支えたりと、美肌への土台を作ってくれるのです。

肌のターンオーバーを本来の姿に戻すことができるので、若々しい肌への基礎を作るのに期待できます。

また、ニキビ肌を整えたり潤いをキープする力を取り戻して、乾燥やオイリーな肌をバランスよく整えてくれます。
つまり、乾燥肌の人でもオイリー肌の人でもどちらでも肌の調子を整えてくれるのです。


肌の見た目も透明感とキメがある肌になってくるうえに、それが塗る薬のように一過性ではなく、自分の肌そのものが根本的に変わってくるので、肌トラブルを繰り返しにくくなるのも魅力です。

ビオチンの美髪効果

皮膚の炎症を抑えて代謝を良くしてくれる作用は、頭皮や髪の毛でも例外ではありません。

ビオチンのたんぱく質の代謝をアップさせる作用で、頭皮や髪の毛にも栄養を送り届けることができます。

さらに髪の毛の土台ともなる頭皮の炎症を抑えて血流も良くするので、柔らかい頭皮になって抜け毛を減らすこともできます。

また、アミノ酸やコラーゲンの生成にも必要になるのがビオチンです。

髪の毛には多くのアミノ酸やコラーゲンも必須です。
アミノ酸は髪の毛の発毛時に多くの量が必要です。これを補うことで、髪の毛の生まれ変わりをスムーズにして、ボリュームをアップさせることができます。

また、コラーゲンは髪の毛の質を決めます。
肌で想像するとわかりやすいですが、コラーゲンがあることで弾力やハリが出るのは髪の毛でも同じです。
コシがあって太さがあるしっかりとした髪の毛だと、抜けにくく艶も出て若々しい髪の毛になります。

つまり、ビオチンが十分に補給されて髪の毛にも使われると、より艶のある髪の毛が生えて育っていく環境が整います。
白髪の増えるスピードを和らげるという声もあります。

ビオチンの摂取方法

ビオチンは人間の体、特に皮膚には必要な成分です。
実は体内でも生成されるのですが、そのためにはビオチンを含む食材を普段の食事から積極的に摂取していく必要があります。

ビオチンが多く含まれる食材はナッツ類や大豆、アボカドや鶏卵です。
1日に推奨される摂取量は大人で50マイクログラムですが、実際は平均で40マイクログラムちょっとしか摂取できていないとのことです。

さらにせっかく摂取しても壊されてしまう原因があります。
それはたばこや砂糖です。

砂糖はそのものではなくても、パンやお菓子に含まれているものも対象ですから、事実上不足しがちになっているパターンも多いです。

タバコや腸内環境によってパワーや、効果そのものが変わってしまうのがビオチンのデメリットです。

そこで効率的にビオチンを摂取できるのがサプリメントです。
質の良いビオチンが効率的に、安定的に摂取できるので欠かさず補えるメリットも大きいです。

ビオチンは薬ではないので、摂取してもよい上限が厳しくは決められていません。なのでそこまで細かく摂取量を注意する必要がありません。
食事での摂取が理想ではありますが、サプリメントでしっかりとカバーするほうが安心できます。

ビオチンの副作用の有無

ビオチンはもともと人間の体内でも生成されていますし、食事からも摂取していますので異物ではありません。

サプリメントで摂取しても問題はありませんのでおすすめの補給方法です。

ビオチンは不足が続くと体に支障が出てくることがあっても、一般的な摂取では副作用はありません。

皮膚の治療のために医師が処方するビオチンであっても、副作用はないくらい、安全で体にとっても負担がない成分です。

安全面では薬ではないので誰でも安心して利用できます。

最後に

いかがだったでしょうか、ビオチン。
ビオチンはその人その人の持つ肌本来の力を回復する効果があるので、なので肌質を選ばず、乾燥肌の人やオイリー肌の人に効果があるのですね。

肌の生まれ変わるサイクルであるターンオーバーは美肌にとって非常に大事であることを再認識できると思います。

気になった方はぜひ試してみてください。

それでは今回はこのあたりで。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-美肌になる為の栄養素, 美髪になる方法

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.