男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

毎日のブラッシングで頭皮、髪、そして顔の肌もきれいになって最高!

はい!
みなさま、こんにちは。

みなさまはヘアブラシを使って毎日ブラッシングしていますでしょうか?

女性の方ならしている方も多いかとは思いますが、男性はどうでしょう?

正直僕は今回のことを知るまではしていませんでした。

ただ、これは男性のみなさまにもぜひしていただきたいです!

ブラッシングによる髪や頭皮、そして肌への美肌効果、
どうぞ、ご覧ください!

ヘアブラシでブラッシングすることでの効果

実はブラッシングには隠された意外な効果があります。

ちょっと動いたり風が吹いたりするだけでも、髪の毛は絡まり合ってしまいます。
そんな絡まりをほぐしてあげることで、ヘアダメージを防ぐことができます。

ブラッシングで髪表面のキューティクルが整いますし、頭皮の皮脂を髪全体に広げる効果があります。
パサつきがちな髪に潤いを与えたり、つやを与える効果があります。

ヘアブラシの適度な刺激は、頭皮にもいい影響を与えてくれます。

頭皮の血行促進になり、健康な髪が育ちやすくなります。
毛根までしっかり血液が栄養を運べるようになるので、抜け毛や薄毛予防にもなります。

頭皮は顔の皮膚ともつながっています。

頭皮の血行がよくなることで、顔の皮膚血行も一緒に良くなります。

頭皮のたるみが軽減されて顔のリフトアップ効果にもつながり、たるみ防止や小顔効果にも期待できるのです。

肌全体の血流がよくなりますから、肌の隅々にまで栄養を届けやすくなります。
そして肌の代謝がアップし、美肌全般に効果的です。


ブラッシング方法

毎日適当に髪の根元からブラッシングしているという人は要注意です。
正しいブラッシングをしてあげないと、逆に髪を痛めることになってしまいます。

最初にブラッシングするのは根元ではなく、毛先からです。
毛先はちょっとしたことで絡み合ってしまいますから、まずはこれをほぐしてあげるのが大事ですね。
髪の毛の真ん中辺りを手で持ってあげて、優しくブラシで毛先をブラッシングしてあげましょう。

毛先がきれいにほぐれたら、根元から毛先へと向かって、ゆっくりブラシを動かしてあげます。
髪の毛の表面に付いたほこりなどを取る感覚で、とかしてあげると効果的です。

髪の外側をまずはブラッシングしてあげたら、次は内側をやりましょう。
動かす方向は根元から毛先に向かってです。
逆方向にブラシを動かしてしまうと、髪表面のキューティクルが傷ついてしまいますから注意しましょう。

マグ
髪をかきあげるように前も横も後ろもとかしてあげるとより良いです!頭皮が上方向にも引っ張られ、良い刺激になります!

マグ
あと!ブラシの先端で頭皮をポンポンと軽くたたくのも良いです!ツボを刺激するのとリンパの流れも良くなります!


ブラッシングするタイミング

ブラッシングするタイミングも重要です。

一番ブラッシングが必要なのは、朝のスタイリング前です。
寝ている間に髪の毛が毛先から絡まりあっていますし、もつれたりしています。
髪にほこりなどが付いていることもあるので、朝のブラッシングは必須です。

お風呂に入ってシャンプーする前にも、ブラッシングの絶好のタイミングです。
髪表面のほこりなどを落としやすくしたり、頭皮の汚れを浮かす効果があります。
シャンプーでの汚れ落ちがよくなりますし、髪がたっぷりと空気を含んでくれますから、シャンプーの泡立ちもよくなります。

夜寝る前のブラッシングも大事です。
寝る前にブラッシングをしておくことで、頭皮の血行が良くなり寝ている間に作られる健康な髪の毛や、そして肌にも良い効果を与えてくれるのです。

一番やってはいけないタイミングは、髪が濡れた状態の時です。
髪表面のキューティクルが開いた状態ですから、キューティクルが傷ついてしまって髪が痛みやすくなります。
ドライヤーで完全に乾かしてから、ブラッシングするのが鉄則ですね。

ヘアブラシの取り替え時期

ヘアブラシの取り替え時期は、使っているブラシのタイプや使い方にもよりますが、
普通の安いブラシなら、半年から1年程度で取り替えるのが一般的です。

数万円ほどする高級なブラシなら、お手入れ次第で寿命を延ばせますね。
10年以上持つタイプもあるほどです。

ブラッシングしていて、やたら髪がブラシに引っかかるなと感じたら、取り替えないと髪が痛んでしまいます。

歯ブラシと一緒で、ヘアブラシも使っているうちにブラシ部分が広がってきます。
そうなったら寿命ですから、早く取り替えるようにしましょう。

毎日ブラシを使っていると、徐々にブラシの目の本数が折れたりして減ってきます。
ブラシの目が減ると、きれいに均一にブラッシングできなくなってしまいます。

全体の10%程度目が減ってしまったら、買い替えの目安ですね。

どのようなヘアブラシが良いか

ブラシには色んな素材が使われていて、それぞれに特徴があります。

一番髪の毛を痛めにくいのが、獣毛のブラシです。
適度な弾力性がありつや出し効果に優れていて、水分や油分を適度に含んでいます。

獣毛の中でも猪毛は硬めですから、硬めの髪質でもしっかりとかせます。
豚毛のブラシは猪毛ほど硬くありませんから、柔らかめの髪質の人におすすめです。

低価格でどこででも買えるのがナイロンブラシです。
ブラシの目が頭皮にしっかりと当たりますから、根元からしっかりとかせます。
根元にボリュームを与える効果がありますから、ボリューム不足で困っている人におすすめですね。

ナイロンは静電気を起こしやすい素材ですから、長髪よりも短髪の男性に向いています。
最近は静電気防止効果のあるナイロンブラシもありますから、長髪の人はそっちを選びましょう。

木製ブラシはブラシの目も木でできていて、適度な硬さがあります。
頭皮のマッサージ効果が高いですから、薄毛や抜け毛に悩む人にぴったりです。
頭皮の血行が促進されて、育毛ケアにもつながります。

最後に

いかがだったでしょうか。

過去記事にも頭皮と顔の肌とは密接な関係にあると書きましたが、やはり、頭皮、髪、あなどってはいけません。

しかも本当に肌も髪もきれいになるってところが一石二鳥な感じで良いですね!

マグ
だからやっぱり美容師さんは肌がきれいな人が多いのか~

マッサージ効果もあるヘアブラシもいっぱいもあるので、今までブラッシングとかしてこなかった男性の方もこれを機にぜひぜひやってみてください。

ではでは、今回はこのあたりで。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-美肌になる為の習慣, 美髪になる方法

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.