男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

肌がキレイになる過程の一つ、好転反応とは実際に起こるのか

みなさま、こんにちは。

さてさて、今回は好転反応について書きたいと思います。
この好転反応という言葉、聞いたことはあるでしょうか。

今回は肌に関してで言わせてもらいます。

好転反応とは

新しいスキンケア用品(洗顔料や化粧水等)を使用した際に、ニキビや吹き出物、肌のかさつき、赤み、かゆみ等の肌症状の悪化が出てきたら、それは肌の奥にある毒素を出しているわけで、そのケア用品が効いている証拠であるということ。

つまり、肌がきれいなるプロセスの一環で一時的に肌症状が悪化することを好転反応と言います。

最初にそういった症状が出て、2、3週間で治まりそこから肌が本当にきれいになっていくというものです。

本当に、肌がきれいになる過程でそのような事はあるのか、僕なりに調べ、僕の経験も踏まえ個人的意見を言わせてもらいます。

好転反応とは本当にあるのか

この好転反応について、肌がきれいになっていく過程で本当にそのようなことが起こるのか色々な意見を目にします。


ただとりあえず事実として、この反応には科学的根拠はなく、この表現を使うのは薬機法上アウトとなっているようです。


そして、ここからは僕の個人的な意見です。


僕も好転反応という症状はないと思います。


まず、僕も過去に色々試してきましたが明らかにそのケア用品を使いだして肌が悪化した場合、その後肌がキレイになるということはありませんでした。


使い続けて少し症状が落ち着くといったことはあっても、使う前の状態より、よりキレイになるということはありませんでした。

好転反応という考えがある理由

あくまで僕個人の経験や調べた結果からの意見ですが、(←保険をかけておいて笑)

好転反応という考えはその商品を継続して使ってもらう為の売り手側の戦略だと思います。


人は不確定要素がある時、自分の信じたい方を信じるという傾向があります。


期待を胸に新しいスキンケア用品を購入したが、使い出したら肌の調子があまり良くない。

こういった時、普通に考えるとそのスキンケア用品が自分の肌には合っていなかったんだと思うと思います。

しかし、それを購入する際にビフォーアフターの画像で、肌がすごくキレイになっていたり、自分と同じ悩みを持つ人の使用レビューですごく良いと書かれていたり、そこにプラスでこの好転反応のことが書かれていたら、この症状はむしろ効果が出ているんだ、ちょっと我慢すればあのきれいな肌になれるんだと思って使用し続けると思います。

しかも、この好転反応が数回続き徐々に良くなっていくと書かれていたら、より長期間それを使おうと思うと思います。

これは自分自身がそうあってほしいと願っているからこそ、それを信じてしまうのです。

そしてこれはその悩みが深ければ深い程、良くなりたいという思いは強く、信じてしまうのです。


さらに厄介なのが、この好転反応の記載がある商品のほぼ全てが、起こる人もいれば起こらない人もいると書かれていることです。


もちろんその商品が完全な悪いものということはないでしょうから、本当にその人に合っていて良くなるというケースもあると思います。
そういった人は使い出してから肌の調子が良くなるといった感じです。


なので僕は思います、肌がきれいになる過程で好転反応というものはないと。
それは商品をさらに売るための販売文句、販売戦略なのだと。

僕がこのサイトを見てくれているみなさまに言いたいこと

僕は何よりも自分の肌を信じてほしいと思っています。
肌が悪化したならば、それは肌からのSOSサインなのだから、そのスキンケア用品は使わない方が良いと思います。


このサイトを作成した理由にもなりますが、人の肌の種類なんてその人の数だけあると思います。

万人に効く薬やケア用品なんてないと思います。

なので色々なスキンケア用品や方法を試していって自分に合うものを見つけてほしいです。


期待を胸に購入したものを信じたい気持ちはすごくわかります。
僕も過去そうでした。


でも、きちんと自分の肌に向き合って、悪化しているのであればその事実を受け止め、やめる勇気も必要だと、僕は思います。

-管理人の思い

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.