男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

様々な美容効果を持つマカダミアナッツオイル。特に乾燥やアンチエイジングに効果大!

はい!

みなさま、こんにちは。

今回は“マカダミアナッツオイル”について書いていきたいと思います。

マカダミアナッツって美味しいですよねー
あのチョコのやつとか美味しいですよねー

とまぁ、そんな話は置いといて笑
マカダミアナッツオイルです。

色々な自然系美容オイルがありますが、このマカダミアナッツオイルは特に乾燥に悩んでいる方におすすめなオイルです。

詳しくは本題にて。
それでは、どうぞご覧ください。

マカダミアナッツオイルとは

マカダミアナッツオイルとは、ハワイやオーストラリアの特産品として知られるヤマモガシ科マカダミア属のナッツから抽出した、美容や健康効果の高いオイルです。

またマカダミアナッツオイルのマカダミアナッツは、6000年ほど前から亜熱帯雨林に自生し、オーストラリアの先住民のアボリジニーは民間薬として利用してきたそうです。

さらにマカダミアの木は7年から10年ごとにしか実をつけないため数量も限られ、世界で最も高価なナッツとなっており、その実の種子から抽出された希少オイルだというのもマカダミアナッツオイルの特徴です。

またマカダミアナッツオイルの味や香りに関しては、甘さや香ばしさがあります。
しかし、甘さはあっても糖質はゼロです。

匂いに関してはほんのりとナッツの香りがしますが、ほとんど無臭に近いです。

さらに油としての沸点は175度で、加熱もできるオイルなので炒め物にも利用できます。

酸化しにくのもマカダミアナッツオイルの特徴で、保存方法が少し悪くても劣化しにくいです。

もちろんマカダミアナッツは食べるだけではなく、肌に塗っても美容に効果的なのが特徴です。
それはマカダミアナッツが肌への浸透力が高く、あまりベタつくことがないので人気があります。

そしてマカダミアナッツオイルは何系のオイルかというと、オレイン酸の占めている割合が多いのでオリーブオイルと同様のオメガ9系オイルです。

またビタミンB1、B2、B6、ビタミンA、E、各種ミネラルも豊富なのがマカダミアナッツオイルです。

マカダミアナッツオイルの美肌効果

マカダミアナッツには、さまざまな美肌効果があるのが特徴です。
それはマカダミアナッツオイルが人の肌に最も近いと言われているのが理由です。

マカダミアナッツオイルをマッサージなどで使用すると効果が高く、馴染みがとても良くあっという間に浸透します。

このことからマカダミアナッツオイルはバニシングオイルとも呼ばれ、スキンケア用のオイルとしても親しまれるほどです。

また、マカダミアナッツオイルは乾燥肌への保湿に素早く効果を発揮してくれ乾燥肌の対策にも使いやすいオイルです。
さらに肌や髪を柔らか滑らかにしてくれる効果や、肌荒れを整え、炎症を抑え保湿してくれる効果もあります。


そして紫外線から皮膚守り、あかぎれやひび割れなどのハンドケアにも効果が高いです。

そしてマカダミアナッツオイルにはさまざまな不飽和脂肪酸が含まれており、それが美肌効果が高い理由の一つです。

成分にはオレイン酸パルミトレイン酸パルミチン酸があります。

オレイン酸

マカダミアナッツオイルに含まれるオレイン酸は58.7%の割合で含まれています。
オレイン酸は体内では作り出せない必須脂肪酸です。

美容効果としては、体内の酸化や活性酸素を防いでくれるので、脳や体を細胞から活発にしてくれます。

また、体の中に溜まった老廃物を体外へと排出してくれる効果も期待できます。

便秘が解消し、腸内環境を整えることで美肌効果があります。

パルミトレイン酸

また、マカダミアナッツオイルに含まれるパルミトレイン酸は21.7%の割引で含まれています。
人間の肌が加齢と共に減少していく脂肪酸があるのですが、パルミトレイン酸はそれに最も似ていると言われています。
そのため、老化を食い止める働きがありアンチエイジングの効果があります。


そしてパルミトレイン酸には、肌の弾力感や艶を増やし、シワやしみなどを抑制してくれる効果があります。

さらに、皮膚や角質層の働きを正常に保つ効果もあるのでたるみの防止にも繋がります。

パルミチン酸

マカダミアナッツオイルに含まれるパルミチン酸は、8.4%の割合で含まれています。
パルミチン酸も美肌が効果が高いです。
それは、ビタミンAを安定させる働きがあるため、口や目、さらには内臓などの粘膜を健康に保つ効果があるのです。
そして、シミやシワ、ニキビなどができにくくなると言われています。


マカダミアナッツオイルの活用方法

マカダミアナッツオイルの活用方法は実に様々で、スキンケア、ボディケア、ヘアケア、リップケア、料理にと幅広く使えます。

肌に馴染みやすいので、直接肌へ使うのが効果的です。
スキンケアの場合では、洗顔後や化粧水を塗ってから使用します。
2滴から3滴ほどを手のひらに出して、こすり合わせながら体温を伝えるようにして伸ばしいき、目尻やしみやシワなどの顔の気になる部分をマッサージします。

ハンドケアで使うときには、化粧水で保湿してから使うとより効果的で指先もつるつるになります。

ボディケアで使う場合は、オイルを使う量は大さじ半分くらいが良さそうです。
風呂上がりに直接塗って丁寧伸ばし、気になるところをマッサージするとすべすべになります。
乾燥肌には特に良いので、肘などのかさつくところにはたっぷりつけてマッサージすると良いです。

ヘアケアで使うときには、洗髪後、タオルで乾かしたところに3滴から4滴を毛先を中心にオイルを馴染ませ、ドライヤーで乾かします。
そして乾いたら、1滴から2滴を手に伸ばし髪の毛の表面を撫でると、さらに艶々になります。

リップケアの場合では、乾燥に強いので普段のリップクリームの代わりになります。
さらに、寒い時期などに唇ががさがさになったりするときには、マカダミアナッツオイルでパックをすると良さそうです。
パックをする際は唇にたっぷり塗り込み、そこへラップをしてホットタオルを乗せて3分ほど放置すると唇がぷるぷるになります。

料理に使うときには、酸化しにくい性質で栄養成分の変質も少ないので、サラダにかけたりするのも良さそうです。
また、炒め物にも使えるのでまさに万能だと言えます。

最後に

いかがだったでしょうか、マカダミアナッツオイル。

こういった自然系のオイルの美容効果は本当に万能だなと思います。
冒頭にも書きましたが、マカダミアナッツオイルはどちらかと言うと乾燥肌の方に向いているようです。

お肌の乾燥に悩まれている方はよろしければ、ぜひ試してみてください。

それでは今回はこのあたりで。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-美肌になる為のスキンケア方法, 美髪になる方法

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.