男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

テカリ・ニキビの救世主!皮脂分泌の抑制効果期待大!その名もパントテン酸!

はい!
みなさま、こんにちは。

さぁさぁさぁ、今回は脂性肌の方にとってはけっこう良いと思います。
これでテカリともおさらばできるのではないかといった感じです。

この脂性肌の救世主ともなりうる存在、
それが、“パントテン酸”です。

みなさま、聞いたことはあるでしょうか?

初耳だという方はぜひぜひ今回の記事を読んでみてください。

では、さっそくどうぞ!

パントテン酸とは

美容意識の高い方なら知っている方も多いかもしれませんが、パントテン酸はかつてビタミンB5と呼ばれていた水溶性ビタミンの一つです。

体内で補酵素Aとなり、補酵素Aは主に人の身体の代謝を助ける役割をしています。
例えば、ほかの酵素や栄養素と結合して体内の脂質をエネルギーに変えるという役目も担っています。


さらには、肌のバネの役割となるコラーゲンの生成には欠かすことのできない、ビタミンCの働きを助けます。

「パントテン」とは、ギリシャ語で「広くどこにでもあふれている」という意味で名付けられました。その名前の通り、植物性食品だけではなく動物性食品にも幅広く含まれている栄養素。

ここで一度考えていただきたいのですが、「どこにでもある栄養素」というものが、美肌に役立つとしたら、かなりお得だし手軽ですよね。

手軽に健康的な美肌を手に入れたいという方に、おすすめの栄養素といえるでしょう。

パントテン酸の美肌効果

パントテン酸は脂質をエネルギーに変える時に欠かすことのできない栄養素、補酸素Aに変化します。

それが皮膚の下ではどのような効果を生むのかというと、皮脂の生成を抑制するはたらきが期待ができます。

一般的に、お肌のトラブルは「乾燥肌」、「脂性肌」、部分によって過剰皮脂と乾燥が入り交じる「混合肌」の3パターンがあります。

主に脂性肌と混合肌でお悩みの方は、肌のテカリやニキビに頭をかかえていると思うのですが、そういった方におすすめできるのがこのパントテン酸です。

肌のテカリやニキビは過剰皮脂が原因。ニキビにはいろいろなパターンがあるのですが、毛穴から大量放出された皮脂が毛穴の内側に詰まり、それが炎症を起こした状態が脂性肌の方に多いニキビのパターンです。

前の項目にも書きましたが、パントテン酸はコラーゲンの生成に大切な役割を持つビタミンCの働きを助けています。

パントテン酸のおかげて健やかな肌が保てると言っても過言ではないくらい。医療の現場では皮膚炎のお薬としても使用されています。

パントテン酸の摂取方法

パントテン酸の1日の摂取基準はおよそ5mg。普段きちんと3回の食事をとれている人であれば極端に欠乏することのない栄養素と言われています。

つまり、それだけあらゆる食品に含まれているということです。
例を挙げれば、納豆、きのこ類、魚介類、たらこ、牛豚鶏などのレバー、卵黄、牛乳などです。過剰皮脂やニキビでお悩みの方は意識して食事に取り入れてみましょう。

パントテン酸はあらゆる食品に多く含まれているのですが水溶性ビタミンのため水に溶けやすく、熱、酸、アルカリに弱く、ほとんどが調理過程で失われてしまうという残念な一面を持っています。

なので、インスタント食品、レトルト食品、冷凍食品などの加工食品にはほとんど含まれていません。

効率よく食事からパントテン酸を摂取したいと考えている方には手作りの家庭料理で、シンプルな調理の「納豆ご飯」や「たまごかけご飯」などを3食の食事に1度取り入れることをおすすめしたいです。

そうは言っても毎日となると大変。
そんな方にはサプリメントはいかがでしょうか。最近はサプリメントでパントテン酸単体のものも増えてきています。

ただ、個人的にはビタミンB群はまとめて摂取した方が相乗効果があるのでサプリメントであれば「ビタミンB群」として1日3回に分けて摂取したい栄養素です。

ですが、次々にできるニキビをできにくくしたいと深刻に悩んでいる方にとっては、パントテン酸単体の方が短期間で効果が見えやすいかもしれません。

パントテン酸の副作用

パントテン酸はヒトの身体の中でも合成される成分なので、食事やサプリメントを摂取して体調を悪くするということが考えにくいです。

というのも、水溶性ビタミンに分類される成分なので、きのこパスタとオムレツと牛乳というパントテン酸を多く含む食事を採った後にサプリメントを飲んだとしても不要な分は尿となって排出されるからです。

過剰摂取がほぼ無いなら山盛りでサプリメントを摂ればニキビやテカリの無いサラサラ肌になれるのかと言うと、もちろんそれは間違いです。

ポイント

美肌は1日にして成らず。水溶性ビタミンは特に1日の摂取量を1回で全て飲むのではなく、こまめに飲んで、継続するということで美肌を実感することができます。

ちなみに、パントテン酸が欠乏するとどうなるのでしょうか?
食料に恵まれている現代の日本では欠乏症はほぼ無いようです。

それでもあえて欠乏症について書かせていただくと、エネルギー代謝の異常により疲れやすくなったり、食欲不振、めまい、頭痛、知覚異常などが起こるそうです。

「最近なんだか疲れやすいな」という方が毎朝、新鮮な牛乳を飲んで出社したら疲れ方が変わったりというのもパントテン酸のはたらきによってあり得ることなのかもしれませんね。

ただし、牛乳や魚介類にアレルギーがあるように、サプリメントにも人によって身体に合う合わないがあると思います。

少量試してみて逆に体調が悪くなるようでしたら、サプリメントではなく食事で少しずつパントテン酸を摂取する方法を考えてみてくださいね。

最後に

いかがだったでしょうか、パントテン酸。

これは本当にテカリやニキビに悩まれている方は試す価値あると思います。
副作用も水溶性ビタミンということでほぼないですし。

ぜひぜひ、パントテン酸、試してみてください。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-美肌になる為の栄養素

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.