男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

塩洗顔で肌のターンオーバーを正常化。2種類のやり方で脂性肌、乾燥肌あらゆる肌質の方を美肌へと改善!!

身近なもの、普段口にしているもの、そういったものが実は肌にも良い、美肌効果があるというパターンはけっこうあると思います。

そしてそういったものの中で今回紹介したいもの、
それは ”塩” です。

塩を洗顔に活用してきれいな肌を手に入れようといったものです。

後に詳しくは書きますが、洗顔に塩をと聞くと洗浄効果が強くなって脂性肌の人には良いかもだけど乾燥肌の人には向いてなさそうと思われる方は多いのではないでしょうか。

しかし、実はそうではないのです。
脂性肌の人、乾燥肌の人、どちらのタイプでも美肌効果が期待できるのです。

ではではさっそく、塩洗顔の美肌効果や活用方法等を見ていきましょう。

塩洗顔とは

塩洗顔とは読んで字のごとく、塩で洗顔するというものです。(そのまんま笑)

塩で洗顔すると肌を傷つけてしまいそう、と思うかもしれませんが実はそんなことはありません。
むしろ塩のピーリング効果や塩に含まれるミネラル、カリウムの成分が肌のターンオーバーを促し、美肌になれるのです。

塩洗顔を定期的に行うことでシミや色素沈着、ニキビなどの肌トラブルの改善だけでなく肌のターンオーバーを通常のサイクルに戻してくれる効果や肌の水分バランスが整ったりといいことずくめなのです。

塩は簡単に安く手に入れることができるので手軽に試してみることができるのも魅力です。

塩洗顔の美肌効果

ニキビ予防

塩には殺菌効果があるためニキビの原因であるアクネ菌の繁殖を抑え肌を清潔に保つことができ、二キビを予防してくれます。

むくみ予防

塩洗顔にはむくみを取る効果も期待できます。天然塩にはカリウムというむくみに効果的な成分が多く含まれており、塩洗顔をするとこのカリウムが肌の余分な水分を排出してくれるのでフェイスラインがすっきりします。

美肌ポイント

その他にも、乾燥肌には毛穴を開きその後の化粧水の浸透をよくしてくれる効果や脂性肌には塩の浄化成分で余分な脂成分が洗い流され皮脂バランスを適正に保ってくれる効果、アトピー性皮膚炎には塩の殺菌効果によるアトピーの改善が見込めるといったあらゆる肌質に良い効果をたくさんもたらしてくれるのです。

肌質改善をしたい方や美肌になりたいという方にはもってこいの洗顔方法ですね。

さらに、塩のピーリング効果は肌のターンオーバーを整えてくれるので紫外線によるシミや色素沈着、毛穴の黒ずみでお悩みの方にも効果的な洗顔方法なのです。

塩洗顔の方法

さて、気になる塩洗顔の方法ですが、
塩洗顔の方法には2種類あるのでひとつひとつ説明していきます。

塩をペースト状にして洗顔

まず、ひとつ目は塩をペースト状にして洗顔に使う方法です。
天然塩に少しずつお湯を入れ、ペースト状になるまで練ったものを顔に塗ります。

注意点はあくまでも塩なので顔に塗る時は擦ったりせず、なでるように優しく塗り広げ、塩の成分が肌に浸透するのを待ってから丁寧に洗い流しましょう。

塩の粒がある程度残っている状態で使用するので肌の角質や毛穴の詰まり、黒ずみが気になる方におすすめの洗顔方法です。

塩を溶かして洗顔

ふたつ目は桶などにぬるま湯を入れ、そこに塩を入れ溶かしたものを使って洗顔する方法です。
これはさきほどの方法と違い、お湯を多めに入れて塩水を作ります。これで顔を洗い肌に馴染むまで待った後、ぬるま湯で洗い流します。

ペースト状の洗顔方法よりも塩分濃度も低いので敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方にも比較的安心な洗顔方法です。

その他にも最初の塩ペーストに卵白を混ぜ塩卵白パックにしたり、塩にオリーブオイルを混ぜてマッサージに使ったりと幅広い応用がきくのが塩洗顔の特徴です。

塩洗顔をすればアクネ菌などの雑菌を殺菌してくれる上、肌に必要な皮脂は洗い流さないのでいいとこ取りのような洗顔方法ですね。

塩洗顔に使用する塩

使用する塩は出来るだけ食卓塩ではなく天然塩を使用することをおすすめします。
天然塩であれば海のミネラルやカリウムが豊富なだけでなく、殺菌効果も高いといった嬉しい効果がたくさん得られます。

塩洗顔の注意点

塩洗顔をする際は間違った方法で洗顔しないように気を付けましょう。
とくに塩をそのまま塗って強く擦ったりすると肌が傷ついてしまい、せっかく美肌効果が得られるはずだったのに肌がボロボロになってしまった、という結果にも繋がりかねません。

また、塩ペーストで頻繁に洗顔してしまうと高い塩分濃度が逆に肌の角質を取りすぎてしまいビニール肌になってしまうリスクもあるので、肌の様子を見つつ1週間に1回の角質スペシャルケアとして行うのがおすすめです。

塩洗顔はニキビがしみるほどひどい時や顔に傷がある時には行わないようにしましょう。
さらにひどくなってしまう上に違う肌トラブルに悩まされることになるかもしれません。

また、塩をペースト状にする方法を行う場合は目の周りには塗らないように注意した方が良いですね。
塩なので目に入ってしまうと目を傷つけてしまう可能性もあり危険です。

正しい方法で行えばとても美肌効果の高い洗顔方法なので注意点に気を付けつつ塩洗顔をしましょう。

そして、塩洗顔を行なったあとは必ず保湿をしてあげることが大切です。
塩洗顔後は角質が落ち、毛穴も開いている状態なのでいつもよりも肌に浸透しうるおいをもたらしてくれます。

最後に

いかがだったでしょうか、“塩洗顔”。

一口に塩洗顔といっても2種類の方法があり、自分の肌質に合わせて行うといったところがポイントになってくると思います。

また、塩のピーリング効果も見逃せません。
肌のターンオーバーを正常化させるということは美肌になるにあたって非常に大事なことです。

気になった方はぜひ、試してみてください。

ちなみになんですが、塩があれば、砂糖もありでして、
砂糖を使った洗顔やその美肌効果も紹介しているのでよろしければこちらもご覧ください。

いつものスキンケアに砂糖を加えるだけ!!砂糖が持つ美肌効果で保水力のあるキレイな肌へ

それでは今回はこのあたりで。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-美肌になる為のスキンケア方法

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.