男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

いつものスキンケアに砂糖を加えるだけ!!砂糖が持つ美肌効果で保水力のあるキレイな肌へ

みなさま、こんにちは!
いやはや、身近なものに美肌になる為のアイテムってあるんですね。

今回は“砂糖”についてです。

砂糖ってどちらかと言うと健康にも肌にもあまり良くないイメージがあったのですが、実はそんなことなかったのです。

もちろん摂り過ぎはだめです。

というか、今回は砂糖を食べてどうこうという話ではなく、砂糖をスキンケアにプラスするといった話です。

砂糖を普段のスキンケアにプラスすることで様々な美肌効果を得ることができるのです。

ではでは、さっそく、
砂糖の美肌効果とその活用方法を見ていきましょー!

砂糖の美肌効果

砂糖は医療現場では床ずれの治療薬に配合されていたり、古来から傷薬として使われていたりと、ただ甘いだけの奴ではなく、実はすごい能力を持った奴なんです。

そんな砂糖の主な美肌効果がこちらです!

高い保水力による保湿効果

砂糖は、アメリカでは保湿の為のスキンケア素材として広く活用されています。
それは砂糖には水と結びつきやすい性質があるからです。なので、砂糖を肌に塗ると角質に砂糖が浸透して水分がキープできるということです。
肌にとってこの保湿というのは本当に非常に大事です。いかに肌に水分をキープできるかが美肌への重要なカギとなってきます。



傷を治す治癒効果や殺菌効果

砂糖には殺菌効果があるのでニキビ予防やニキビ跡にも効果的です。ニキビの原因菌とされるアクネ菌を殺菌してくれるのです。
また、傷の治癒効果もあるので、アトピー性皮膚炎の改善も期待できます。



不要な角質をはがす洗浄効果

砂糖の結晶が古くなった不要な角質を自然と剥がれ落としてくれます。
そのため、肌のターンオーバーが正常化され、肌のザラザラやごわつきを解消してツルツルな肌を目指せます。



いかがでしょうか、砂糖のこの美肌効果!
それでは次の章ではこれら美肌効果を得る為の砂糖の活用方法を紹介していきます。

美肌効果を得る為の砂糖活用方法

砂糖水洗顔
洗面器にぬるま湯を約500ml入れ、そこに砂糖を大さじ約3杯入れて溶かします。
そしてその砂糖水で顔を3~4回洗います。
そしてその後30秒程そのままにし、それから流水で洗い流します。
この砂糖水洗顔は肌に少しの間砂糖水をのせておき浸透させてから洗い流すのがコツです。

砂糖乳液or美容液パック
乳液や美容液を100円玉大程手の平に取り、そこにひとつまみの砂糖を加えます。
ある程度砂糖を手の平で混ぜ合わせたら、それを洗顔後の濡れた肌に伸ばします。
その後1~2分程放置してから流水で洗い流します。

砂糖泡洗顔
いつも通りの顔を洗う際にも活用できます。
手持ちの洗顔料を泡立てたら、そこにひとつまみの砂糖を加えます。
そして泡と砂糖を混ぜ合わせ、後はいつも通りに顔を洗います。
これは泡立てる前に砂糖を加えるのではなく、泡立てた後に加えるのがポイントです。
泡立てる前に砂糖を加えると泡立ちが悪くなってしますからです。


これらの方法、自分が取り入れやすい方法をやってみるのが良いと思います。

僕は個人的には最後の砂糖泡洗顔がおすすめです。
実際にしているのですが、泡立てた洗顔料にひとつまみの砂糖を加えて混ぜ合わせると、泡の質が変わるのです!

“滑らかだけどしっかりとした泡”に変わります。

そして洗いあがりはすっきりしているのですが、しっとりもしているといった感じなのです。

しかも心なしか肌が白くなったような気がします。
肌が白くなったのか、前章で紹介した砂糖の美肌効果の一つのニキビ跡に効いて薄くなったから肌が白くなったと感じるのかはわからないのですが。。笑

これを見て砂糖を日々のスキンケアに取り入れたいけど、どうやって取り入れようかなと思われている方はぜひ一度、砂糖泡洗顔を試してみてください!
これが一番手っ取り早いってのも理由の一つです!笑

砂糖活用の注意点

砂糖洗顔や砂糖パックをする際には注意点もあります。

まず、こするのはだめです。
砂糖の成分をより肌に浸透させたいからといってこするのは厳禁です。それでは肌に余計な刺激を与えてしまい逆効果になります。
あくまで、なでるように優しく肌に浸透させていってください。

次に、必要以上長く砂糖を肌にのせない。
砂糖は肌への刺激が少ない物質ですが、それでも必要以上に長く肌にのせておくのは肌によくありません。
30秒~3分ほどで十分肌に浸透するのでそれ以上の時間肌にのせるのはやめましょう。

そして、砂糖スキンケアは必ず洗い流すべし!
砂糖が肌に残ったままだとベタつきますし、乾くと固まってカピカピになるからです。しかもそこに紫外線が当たるとシミの原因になる可能性があります。
なので、砂糖スキンケア後はきちんと洗い流しましょう。

美肌効果を得る為に使用するべき砂糖の種類

ここまで砂糖の美肌効果や活用方法を紹介してきましたが、実際に使用するべき砂糖の種類について話したいと思います。

と言ってもこれは一択なのですが、
使用するのは上白糖のみにしてください。

ミネラル等を含む黒砂糖や三温糖、また、粒の粗いグラニュー糖は肌への刺激になりかねないので使用はおすすめできないです。

厚生労働省が薬の原料として認めているのも白糖のみとのことです。

まとめ

最後に砂糖の美肌効果を簡単にまとめると、

砂糖には

ポイント

・高い保水力による保湿効果
・傷を治す治癒効果や殺菌効果
・不要な角質をはがす洗浄効果

があり、
肌の水分をキープし、肌をしっとり柔らかくする。
ニキビ予防やニキビ跡にも効果的で肌のターンオーバーも正常化させる。


といった美肌効果が期待できます。

今まで使っていたスキンケア用品を変えることなく、今使っているスキンケア用品に少し加えて使えるといったところも、この砂糖スキンケアの良いところだと感じています。

ぜひぜひみなさまも砂糖スキンケアを試してみてください。

あとちなみに、塩洗顔という塩を使った洗顔方法もありまして、その方法や美肌効果も下の記事に書いてますのでよろしければ見ていってください。

塩洗顔で肌のターンオーバーを正常化。2種類のやり方で脂性肌、乾燥肌あらゆる肌質の方を美肌へと改善!!

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-美肌になる為のスキンケア方法

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.