男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

ナンダカンダで、きれいな肌には水分量が大事!

みなさま、こんにちは。

いやはや、きれいな肌になる為の方法ってあれこれとありますよね。
ただ、ナンダカンダ言ってもやはり肌の水分量というのは大事なんですね。
(藤井隆さんのナンダカンダって曲好きです!笑)


と、いうことで今回は藤井隆さんについて

違う違う!!笑

今回はきれいな肌には欠かせない肌の水分量について書きたいと思います。

理想的な肌の水分量について

きれいな肌を保つためには、肌が保湿された状態を維持することが必要となってきます。

その肌が保湿された状態とは、水分と油分のバランスが整っていることを言います。

水分と油分のバランスが 8 : 2 になっている状態がベストであり、肌の水分量が40%~50%くらいが、健康的な肌状態と言えるのです。

肌の水分量が減少している要因

では次に、肌の水分量を保つ方法にについて説明していきたいと思います。

肌の水分量は、日ごろのスキンケアによって大きく左右してきます。

ケース1

顔をゴシゴシと強く洗ったり、洗浄力の高い洗顔料を使い続けると、肌に必要な皮脂や潤い成分までも一緒に洗い流してしまいます。



ケース2

肌に刺激を与えるものを長期間使い続けていると、肌のバリア機能が低下してしまい、潤いを保つことがむずかしくなり、結果、肌の水分が減少していきます。



ケース3

年齢を重ねると、ヒアルロン酸やセラミドなどの肌の保湿機能を担っている成分が減少し、肌の水分量が減ってしまいます。



みなさま、何か思い当たるふしはあるでしょうか。

上記の3ケースが全てではないですが、上記のような状態が続くと、肌に保つことのできる水分量が減少し肌が乾燥し、あらゆる肌トラブルを引き起こしていくのです。


これは決して乾燥肌の人のみの話ではないです。


脂性肌の人にとっても、肌の水分量はとても大切になってくるのです。


顔がテカる イコール 水分は足りているということでは決してないです。

むしろその逆で、水分量が足りていないからこそ、それを補う為に脂が出ているというケースが多いのです。

肌の水分量を上げるには

肌の水分量をしっかり保つには、普段行っているスキンケアで、しっかりとした保湿を心がける必要があります。

このしっかりとした保湿というのが、なかなか重要且つ難しいものでして、
そもそもこの水分を肌に入れるということが難しいのです。

洗顔後に化粧水は使っていると思います。
しかしこの、化粧水を多く使えば使うほど、肌の水分量が上がっていくというわけではないのです。

化粧水で肌の水分を補給したとしても、肌に溜め込める水分量には、実は限界があるのです。

肌には角質という部分があり、そこに水分が溜まるのですが、そこに留まる水分量には限度があり、その限度量以上の水分は、何度化粧水を乗せても入り込むことはないのです。

それどころか、余分な水分は角質がふさがれてしまって、もろくさせる原因にもなるため化粧水の乗せすぎはむしろ逆効果になるのです。


ではでは、どうすれば肌の水分量を上げることができるのでしょうか。

それは、先ほどの項でちらっと出てきましたが
「セラミド」という成分が大事になってきます。

セラミドとは

健やかな肌の角層内には、何層もの角層細胞が重なっています。
その角層細胞同士のすき間を満たし、細胞同士や水分をつなぎとめているもの、それが、肌の必須成分、セラミドなのです。

そして、このセラミドはスキンケアで補うことが可能なのです。
セラミドをスキンケアで補い、肌の水分量を上げていきましょう!

セラミドの種類

化粧品に配合されているセラミドには大きく分けて4種類あります。

・天然セラミド
・ヒト型セラミド
・植物性セラミド
・合成セラミド

この中でオススメのものは ”ヒト型セラミド” です。
なぜかと言うとヒト型セラミドが肌への親和性が最も高いからです。

また、ヒト型セラミドは、バリア成分そのものを、ダイレクトに補給してくれます。

単にセラミドだけを肌に補うだけではなく、肌と同じようにコレステロールや脂肪酸も配合されています。

そして、肌が弱っている部分を中心に、バリア成分そのものを補って、バリアをサポートしてくれるのです。(最高かよ!)

まとめ

どんな化粧水や美容液やクリーム等を使っていても乾燥を感じるようでしたら、ヒト型セラミド配合のスキンケア用品に変えてみるのはいかがでしょうか。

脂性肌の人も、水分不足からくる過剰皮脂分泌だからと言って、必要以上に化粧水や、肌にふたをする為とオイル系のスキンケア用品を使うのは良くないです。
僕の経験上、潤いは感じることなくただニキビができるだけ。。でした。
(悲しすぎる!)

なので例えば、化粧水をヒト型セラミド配合のものに変えるだけでも違ってきます。
オイル系は使わず水分量はアップです。
これで皮脂の過剰分泌の抑制を期待できます。

いかがでしたでしょうか。
きれいな肌には水分を閉じ込めてくれる土台となるセラミドが大切です。

ぜひ自分の肌に合うセラミド配合のスキンケア商品を選んで、毎日のケアに取り入れてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-美肌になる為のスキンケア方法

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.