男が美肌目指して何が悪い!!

GANMEN FRESH

湯船につかる習慣をつけることで美容に良いことずくめ!血行が良くなり透明感のある肌に!

みなさま、こんにちは。
今回は“湯船につかることでの美容効果”について書いていきたいと思います。

みなさま、お風呂に入る際、湯船にもつかっているでしょうか。
面倒くさくてシャワーだけって方も多いのではないでしょうか。

なんとなく、湯船につかることは美容に良さそうというイメージはあると思います。

ただ、実際にどう美容に良いのかまでは知っている方はそう多くはないと思います。

なので今回は、湯船につかることでどう美容に良いのか、また、美容効果も実感する為の湯船のつかり方等を紹介します。

それでは、どうぞご覧ください。

シャワーではなく、湯船につかることで得られる美肌効果

日本人はお風呂が好きと言われていますが、湯船にはつかっていますでしょうか?
慌ただしい日々を過ごしているとシャワーだけ済ませて、湯船につかることはなかなか面倒になってしまいますよね。

でも、湯船につかるというのは美容にも健康にも良いのです。

湯船につかるとどんな効果が得られるのかと言うと、

全身の血液が温められ、体の芯から温まることで女性に多い冷え性の解消に一役買ってくれます。
一日のむくみを取ってくれる嬉しい効果もありますよ。

そうして血行が良くなることで老廃物の排出を促し、細胞に必要な栄養を行き渡らせてあげることができます。
そうすることでキメが整ったり、肌に透明感が出たりと良い事ずくめ!


ちなみに、血行が悪いと皮膚のターンオーバーが不規則になり、肌がくすんだりニキビなどの肌トラブルに悩まされることになってしまいます。

温めるだけならシャワーでもいいんじゃないの?
と思う方もいるかもしれませんが、

シャワーは表面的にしか体を温めてくれないため、血行促進効果はあまり期待できません。
体の汚れを落とすことはできますが、美容には効果的ではないということです。
なのでできるだけ湯船につかることをオススメします。

美容効果を得るための湯船につかる際の注意点(お湯の温度、つかる時間)

じゃあ湯船につかろう!と思った時に注意することをいくつかご紹介します。
せっかく美容効果を期待して試すのに間違ったやり方でしてしまうのはもったいないですからね。

まずはお湯の温度から。
・38~40度
が推奨されています。
じんわり体の芯が温まるのは38~40度がベスト。
熱すぎると、肌がかえって乾燥してしまい潤い不足になりかねません。

ちなみに顔を洗う時は人肌が良いと言われています。
大体32度くらいです。体感的には少し冷たいと感じるくらいです。

次に、つかる時間について
・15~20分
これは、血液が全身をめぐるのは約1分と言われており
時間をかけてじっくり体をあたためることで体の中に熱を逃がさないようにするためには15~20分がちょうど良いということです。

お風呂から出たら肌がふやけた状態になっていることって誰でも経験したことがあると思います。
この状態って実は湯船につかりすぎている証拠なんです。
肌の表面が水分を吸収しすぎて膨らんでいる状態。
この状態が続くと肌のバリア機能が低下し、結果的に湯船につかっているのに乾燥肌になってしまうという残念なことに。

何事もやりすぎはよくないということですね。

ポイント

湯船につかる際は、38~40度のお湯に15~20分くらいつかるのが良い。

湯船につかる際に行うと良い美容法

湯船につかる時の注意点の他に、これをするとさらに美容に効果的!というアイテムは

・パック
入浴中に肌が温まり、毛穴が開くことで美容成分が浸透しやすくなります。
そんな時にパックをするとお風呂あがりの肌のつっぱりも防いでくれるのでオススメです。

ただし、ドラッグストアで売られているシートマスクは例外なので気を付けてください!
シートマスクをつけると顔全体を覆うことや浴室の温度も相まって汗をかいてしまいます。
汗をかくこと自体はとても体にいいことなのですが、シートマスクをつけていることでその汗を肌の内部に吸収してしまうためかえって逆効果です。

どんなパックが効果的なのかというと、クリームタイプのパックです。
肌に直接クリームを塗って浸透させるタイプのパックは、目元や口元など乾燥しやすい部分に塗ると良いでしょう。

湯船から上がる蒸気がスチームの働きをしてくれて肌の内部により浸透してくれます。
保湿効果抜群です。

次のアイテムは
・水
ダイエットには水が良いとよく聞きますよね。
綺麗なモデルさん達が美容法について聞かれると、口をそろえて水を飲むと答えているのをよく目にします。

どうして効果的なのかというと水を飲むことで余計な老廃物を流してくれるからです。
もちろん、湯船につかる前に水を飲むこともとても効果的です!
コップ一杯の水を飲むだけで代謝が随分よくなって汗をかきやすくなります。

また、入浴前だけではなく入浴後にも水を飲むことをオススメします。
41度のお湯を15分間つかると約800㎖の水分量が失われるというびっくりするようなデータもあるので、入浴後はきちんと水分補給をしましょう。

・マッサージ
地道にコツコツ続けることで確実に効果が出ると言われているマッサージ。
湯船につかっている際はお肌が柔らかくなっているので、マッサージを行う際の肌への負担を減らすことができます。

今は有名美容雑誌のInstagramやTwitterを覗くと常に情報が発信されています。
YouTubeを見てみるのもいいかもしれません。
小顔になるマッサージや老廃物の排出を助けるツボなど、簡単に知ることができます。

最後に

いかがだったでしょうか、湯船の美容効果。

確かに少し面倒くさいと思うかもですが、これを習慣づけることで美容効果は抜群です。
続けることで血行が良くなり、肌の色が良くなってきます。

湯船につかる習慣、ぜひ試してみてください。

それでは今回はこのあたりで。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-美肌になる為の習慣

Copyright© GANMEN FRESH , 2021 All Rights Reserved.